キツツキの穴

日々つついた穴を埋めたり、のぞいたり、もっと深く大きくしてゆく穴掘りメモ。

溶け始め

元夫と、子らとの面会交渉が済んで
壊れた日常を取り戻すべく、
フリーズしていた時間を取り戻していく。

ため込んだ仕事も、
新しく始まった仕事も、
何もかもがまだ遅れている。

その間に起こったことや、
引っかかったまま時間を進めているだけの小さな荷物も
取りに戻りながら
またここに記しに来よう。

 

広告を非表示にする

亀 帰る

飼っていたカメがいなくなって20日ほどが経つ。
庭の木陰で、友達と遊んでいた次女が発見した。
いなくなって、おねえちゃんから飼育の手伝いから解放された次女にとっては『あ~あ・・・見つけちゃったよ・・・」
という感じだったかもしれない。

カメは、甲羅が反り返り、緑色だった背の甲羅が白くなっていた。
だから、見つけられた、見つかった。

「だれも、おかえり~!!
 よう帰ってきたなあ!!
 よう、生きててくれたなあ!!」

とは言わなかった。
世話の擦り付け合いになった。
残念だけど。

ちょうど次の日は、燃えるごみの日だった。
私は、いくつかの提案をした。

長女は、泣きながら
「一緒にお世話手伝って下さい。」
と、次女に頼んだ。

「いいよ。」
と、二人で世話を続けることになった。

今日、友人の飼っている猫が死んだ。
老衰、腎不全。
最後まで、とても大事にされていた。家族だった。

人に優しく。
思いやり。

そんなものは口では教えられない。
また、それは教えられて、気づかされたからといって身につかない。
育てた人の、環境のなかの同じ空気を吸っている中で細胞レベルで、染まってい行くようなものだ。

カメというものと見つめ合うということは難しいが、
それによってオキシトシンという幸福ホルモンが分泌されるということは、
私にはむつかしい。
特に、犬と人間は、哺乳類同士だからこそ見つめ合いでホルモン分泌がおこるのだろうか。
そうなら、カメでは役不足か。
もう、だんだん寒くなって行く。
こんなにダメージを受けたカメを、冬眠させるのは無理だ。
冬の間暖かくしてやって、冬を一緒に過ごさなくてはいけない。
姉妹でお世話するって、決めたんだから。
また、緑の甲羅を取り戻させなくちゃ。

広告を非表示にする

「運動会楽しかったね」

21日に予定されていた子らの運動会は26日に延期され、
みごとな秋晴れの下、楽しんだ。

子らが一生懸命走る姿、応援の拍手、皆がみんな我が子を探し、近所の子らや、知っている子らの姿を見つめる全部が好きだ。
みんながつながっているように感じる。

自分が子供だった頃、こんな楽しい気持ちにはならなかった運動会だったけれど、
運動会って素敵だ。

「運動会楽しかったね」

そう言って一瞬で眠りに落ちて行った次女2年生。
かっこよかったよ、かわいかったよ花笠音頭。

創った~!台風

元夫と子らとの面会交流の日が迫っている。

迫るにつれ壊れていく私。
台風が南の海で発生したというニュース。
台風ができることを願い望んできた私の強い思いが通じて、私が創ったかのような台風。
このタイミングにかなり驚いている。
偶然だが、うれしい。
飛行機が飛ぼうと、飛ばなかろうと台風バンザイ。
飛行機よ飛ばないで!!
元夫たちよ来ないで!!
と、願う。

広告を非表示にする

自衛

日常を維持するために、
情報をシャットアウトする。
パソコンの電源を入れない。
メールの確認もブログだって書かなかった。
必要最低限、緊急の連絡はモバイルに転送されるようにしてある。
主携帯しか持って歩かない。
そうして一週間やり過ごした。
正しいこととは思わないが、壊れていく自分を立たせて動かすためには一つの方法だ。
この一週間はどうしたものか。
毎日、いっぱいいっぱい。
雨も降り続けている、降り続けるというのに。

広告を非表示にする