キツツキの穴

日々つついた穴を埋めたり、のぞいたり、もっと深く大きくしてゆく穴掘りメモ。

台風一過

 

台風18号は宇治の町を風の音で怖がらせはしたが、
翌朝は「空も街もきれいに洗い流しておいたよ」とでもいうように
さわやかにピカピカした罪のなさをしていた。
所かわれば、川は氾濫し、町は冠水し、家にも浸水し
土砂に流され、いろんなものを失っているのに。

結婚生活も、別居を決めて家を出てからも、離婚までの出来事も、今、生きていることも、台風になる熱帯低気圧が生まれてどんどん雲が集まって、大きな目の台風になって、
私の上を暴風、強風、豪雨が行ったり来たり停滞しながら暴れて壊して通過した。
その傷跡を熱帯低気圧に戻りながらも風と雨雲を残したまま居座って痛めつけている感じ。
まだまだ通り過ぎていない。
が、太陽がさすことも、その地にまた新しい芽が出ることも、
住み心地の良い場所に整えていく私の姿も、今は想像できる。

広告を非表示にする