キツツキの穴

日々つついた穴を埋めたり、のぞいたり、もっと深く大きくしてゆく穴掘りメモ。

横断歩道

いつだったか、信号のない横断歩道で歩行者がいて、
車が止まらないのは交通違反だ。
と、ワイドショーだか、ニュースだかでやったとき、
いつもの横断歩道のわたりやすかったこと!!
効果てきめん。

日も経って、今は毎朝、子らの登校の時の黄色い旗をもって横断させるのに何台も、十数台の車を見送ることか。
消えかけの停止線で止まりそびれた私の一点、7000円の罰金を取っていったあの交通課のお巡りさん!!
今ここに立ってくださ~~~い!!と、何度、毎朝思うことか・・・

だから、というわけでもないが、私一人の時は、たぶんかなり強引に横断歩道を渡る。
運転者として、この距離なら、この速さなら車が止まれるという判断をしたら
わたる。
手前の車線が渡れるタイミングだったら、奥の車線の車は止まれると思える後方の車の車幅もかんがみてわたり始める。

夜道はライトをつけても、確認しにくいのはわかっているので夜はしないが、
かなり強引なわたり方かもしれない。
会釈も、頭も下げない。
すべきかもしれないが、交通違反なのだよ。
信号のない横断歩道で、止まらないのは。
小さな子の手をひき、たくさんの荷物を持ち、
雨の日もあれば、カンカン照りの日も、雪の日も、歩行者に自分たち車が通り切るまで待てと?
アクセルを踏みなおしてまで通る?
たった、数秒、ブレーキかけて止まるのが惜しい?

歩道を自転車が通るのも好きじゃない。
だけど、道が狭いから仕方ないとも思っている。
それでも、歩行者に向かってチリンチリン、ベルを鳴らされるのは嫌い。
だから、止まって、道を譲ったりなんかはしない。
よけてはあげるが、歩行者としての私の歩みを止めさせたりはしない。
道いっぱいに広がって向かって歩いてくる登下校の子らに、小さくなって道を譲ったりしない。
あんたたちが、譲って道をあけなさいと、戦車のようなつもりで歩く。
あんたたちだけの道じゃないと。

宇治の道は悪い。
狭いし、交通量は多いし、歩道も、自転車道も安全な道は少ない。
改善も遅い。されない。
登下校の小中学生のマナーも悪い。
だけど、自分たちの身を守ること、誰かを傷つけないこと、迷惑をかけない事は、しっかりと、都度都度に引き締めて、改めていかなくちゃいけない。

広告を非表示にする