キツツキの穴

日々つついた穴を埋めたり、のぞいたり、もっと深く大きくしてゆく穴掘りメモ。

お正月1

いいお正月というのは、こういうのがいいお正月というのだろうなあという
お正月だった。

もう、大掃除も終わって、おせちの煮しめの準備も味をなじませるだけになって、
毎年恒例、しめにそばを投入する鴨鍋を囲みながらNHK紅白を見る。
もうお正月の始まり。
子らも、そろそろ歌手らと一緒に歌って踊れる曲もあり、
「次、後何番目。」とか言いながら順番を待ち、
バアバも演歌がくれば待ってましたと歌う。
私と妹も、懐かし~~やっぱええなあ~~と言いながらKinKi Kidsの硝子の少年やTHE YELOW  MONKEYのJAMを大熱唱する。

年が変わって、挨拶を交わしたら、近くのお寺の除夜の鐘の音を聞きながら、
初詣に向かう。
そこは、宇治田楽の応神天皇の千人万首による「この蟹や」にも歌われている古いこの地の名が残る神社。
小さな神社ではあるけれど、お神酒や昆布茶がふるまわれ暖かい場所。

これからの一年を始める神様と、自分へのご挨拶。

広告を非表示にする