読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キツツキの穴

日々つついた穴を埋めたり、のぞいたり、もっと深く大きくしてゆく穴掘りメモ。

季節ごとの植物園

年間パスポートを持っていると、ちょっとの空き時間やついで、
閉館時間間際でもちょっと寄ってみようかなと思える。

宇治の植物園も、そんな場所。

年々樹々も立派に大きくなり、
景色も季節によって変わる。
今は紅葉もきれいで、気分転換に丁度良い。
だだっ広い平面じゃないところが気にいっている。
ゆるやかに散策しながら降りていくスロープの両側に樫や楡の林が黄葉しどんぐりがいっぱい落ちている。
拾って歩く私たちのポケットはもう、歩くたびこぼれる程に。
楓も真っ赤で。

f:id:kitutuki0925:20161114235325j:plain


階段下の水辺のステージを抜けて針葉樹の向こうは
夏に楽しませてくれた蓮池。

f:id:kitutuki0925:20161114235436j:plain


ハーブガーデンも楽しい。
ちぎりはしないが、少し葉を触らせてもらって香りをかぐ。

 夏は野菜もたくさん植わっていたな~。


閉園時間前の誰もいなくなった夕焼けのころ、
子らの姿を見ながら
ママを選ばせて、ママと一緒で幸せ?ここでいい?これでいい?
って、何度も、確かめたい衝動にかられながら
同じフレーズを涙声にならないように歌う。
お腹と心をしっかり支えて。

広告を非表示にする