読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キツツキの穴

日々つついた穴を埋めたり、のぞいたり、もっと深く大きくしてゆく穴掘りメモ。

香る時間のいろいろ

アロマテラピーで使用する精油は、遮光瓶に入っていて
高温を避け、冷暗所に保管すれば一年を目安に使用できる。
使用できるというのは、主に植物油に精油を希釈して皮膚に塗布するなどして
トリートメントに使用するのだけれど、
酸化したものを使うと、肌刺激を起こしてしまったりするので、
保管や、期限は注意しなくてはいけない。
柑橘類や、一部の酸化しやすい精油はもっと早く使えなくなる。
私は秋にこの一年の入れ替えをすることが多い。

だけども、植物たちから頂いた大切な一滴一滴を無駄にはできない。
一年を過ぎたものは芳香用や、掃除に使う。

そんな降格した精油を集めたバスケットの横に、コットンをいつも準備しておく。

眠れない時、心がズキズキする時。枕もとにおいて眠ったり、
胸の谷間にコットンを忍ばせて、一日の何度かをその香りが助けてくれる。

迷ったり、今いる場所や考えや、気持ちをリセットしたいとき
部屋の隅々の床や、どこもかしこも
バケツに2,3滴。
香りをふくませた布で拭き掃除をする。
ただ、その作業を無心ですることで少し落ち着く。

この時、選ぶ香りは楽しくなるような浮足出すような香りは選べない。
つんと、奥から湧いてきそうな、少し苦いような、そんな香り。

また、違う気持ちで、同じことについて考えてみる。
また、違う気持ちや考えがわいてくる。
そうやって、消化と、納得を探す。
もう少し時間がかかる。


広告を非表示にする