キツツキの穴

日々つついた穴を埋めたり、のぞいたり、もっと深く大きくしてゆく穴掘りメモ。

ママカレー

まあ~、ま~、ま~、ま~、私の料理は足し算足し算。
今日は、恒例ぶっこみカレー。

家族の中で、「今日は夕飯いらないよ。」と欠員が出ると、
なぜか急に夕飯づくりへのやる気が下がる。
または、その人は好まないが他の者は、「実は食べたかったのよね~」みたいな
メニューに献立られる。

で、今夜はスープカレー
たっぷり家庭菜園の夏野菜はある。
常備菜のラタトゥユも冷蔵庫でちょっと飽きられ始めている。
なんかなかったかなー、もっと使い切りたかった食材・・・

食材の相性は重要だけれど、果敢に合わせようとチャレンジもするぶっこみ作戦。
子らも、いつもは食べたがらない野菜でもカレーに入っているとなぜか食べる。
カレーがきっかけにもなる。今日も、キライや~という豆を入れた。
食べるやん。

週一の生協に頼り切っていたころは、満杯から1週間ですっからかんになるのが
気持ちよくて格別な達成感を感じていた。
スッカラカンになりすぎて、わびし過ぎるみたいなこともあったが、
カレーを作るときは、その頃の冷蔵庫内や干物も総動員して作り上げた最終日の夕食づくりのようだと毎回思う。
しかも、カレーは和食ほどの繊細な味付けはいらないか・・・
甘いもしょっぱいもよく分からなくなっていた味覚の感覚から回復したとはいえ、
今でも、料理本のレシピを頼りに味付けしないと不安になる。
特にみそ汁や、すまし汁などの出汁の味というものが未だに分かりにくく、
適量というみその加減は味見係だった長女がになっている。
適量、目分量、さじ加減。
身体的な感覚を操って生きていけること。
取り戻したい感覚。ママの料理。
今のところ、このぶっこみカレーくらいなのかな~~。
今日も、おかわりたくさん、ありがとう。

広告を非表示にする