読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キツツキの穴

日々つついた穴を埋めたり、のぞいたり、もっと深く大きくしてゆく穴掘りメモ。

あたりまえの自分を探す瞑想

今日は、世界ヨガの日。
インドにはヨガ大臣というポストもあるらしい。
アーユルベーダやヨガの経典の中のヨガのポーズやらに関してはほんの数ページ。
それが、世界中にこんなに広まっている。

昨日見たNHKのキラーストレスの番組の中でもマインドフルネスという
今ここを感じる禅のような呼吸を重視した瞑想方法を紹介していた。
とにかく、過去や未来についてとりとめもなく考え続けてしまうことでストレスを受け続けてしまう。
ということだった。
テレビというもののなんと便利なものか。
同じことを誰かから指摘されると必ず非難や、受け取りたくない感情まで引っ付けて
降ってくるから今の自分の状態が受け入れられず知覚できない。
もう何年もその中にいて。
そして徐々にその状態になる時間を減らせているのは、
その状態に陥る暇のないくらいの緊張や忙しさにあることと、
連想させるもの人とは全く別の空間、環境にいること。
まず、そうなるまでに心身の状態を良くする時間が必要だったのだけど。
そして、やはり週一回でも続けてきたヨガにあると思う。
今ここ、自分を意識しつつ、ないような感覚を作ることができるようになる。
そうして、あたりまえにありたい自分を探す。
いつかの自分には戻らずに。

サバーサナや瞑想の時間になると、秒速で眠りに落ちてしまう私だが
その意識の谷のきわあたりを踏み外しそうになりながら
体という精密な働きをしている入れ物に
空気を出し入れし、
隅々を感じる温かさを感じてほしい人を思い浮かべる。