読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キツツキの穴

日々つついた穴を埋めたり、のぞいたり、もっと深く大きくしてゆく穴掘りメモ。

宇治の楽しみ

どこかに出掛けようと思っても、どうしても行き先が決まらない、
したいことが思い浮かばないということがある。
何日も前からどこ行く?どこ行きたい?何したい?
で、当日もいつでも出かけられる状態でまだどこ行く?とやっている。

長女の振り替え休日だった昨日もそうで、
次女とはできない、ちょっとお姉さんになった長女とでしかできないことを・・
と悩んで悩んで、宇治川沿いを走るサイクリングに出かけた。
長女のお目当ては、宇治橋のたもとにある回転寿司でお昼ご飯をというものだったらしい。
天気も良く、初めての自転車での遠乗り。
初めて走る道、宇治川の水面のキラキラやススキの光る柔らかな光も
ペダルをこぐ運動がどんどん体も気持ちも軽く、解放されていくのを感じて。
長女のためと言うより、私が求めてた感覚。楽しい~~!!
この宇治川の堤防沿いのサイクリングが楽しめる道まで来るのが次女にはまだ
難しいし、次女の自転車公道デビューをあまりに早めたら長女はさんざ文句を言うだろうか。
でも、車も通らず、空気もそんなに悪くもなく宇治川の流れを見ながら過ごせたらいいなあ。
水が穏やかに、軽妙に、明るい光の水面を見て、流れる音を聞いているのは
どれだけそこにいても飽きることはない。

そして長女の念願だった平等院にお参りした。観光地の認識が強いが、やっぱりこの清々しく、また寺院としての荘厳さは手を合わせる場所だなあ。

 

 

f:id:kitutuki0925:20151201223752j:plain


鳳凰堂へはいれるのは人数制限があり、1時間待ちということで、鳳翔館で国宝などの宝物を見学。
雲中供養菩薩も半数はこちらにあって、感動と穏やかに手を合わせる気持ちに包まれた。
私も、雲に乗った軽やかに穏やかな心でいられたらいいのに。
鳳凰堂には仏師定朝の仏像、本尊阿弥陀如来坐像が東を向いていらっしゃって
次は、朝日に輝くお顔を拝みに来ようと絶対朝一番に来ようねと約束した。

長女は、記念にと雲中供養菩薩52体すべてがカードにプリントされたトランプを
求めた。
帰って、これでババ抜きをしたのだけれどこの菩薩様たちが美しすぎてペアになっても
手放しがたい・・・
子供たちが寝た後で、一体一体の菩薩様に見とれてしまった。
カードゲームで負けても、怒ってこの美しすぎる菩薩さまカードはくしゃくしゃにしんといてな~。

f:id:kitutuki0925:20151201223847j:plain

広告を非表示にする