読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キツツキの穴

日々つついた穴を埋めたり、のぞいたり、もっと深く大きくしてゆく穴掘りメモ。

自転車の喜び

次女に自転車を与えてから2年になる。
今5歳3か月。
自転車熱が冷めていた時期もあったが、町内の狭い道を溝蓋のないのは心細いが
お姉ちゃんたちお兄ちゃんたちに混じって補助輪の音を響かせて
ワーワーと走っていたのが、ここ1か月をかけて補助輪を1個はずした
練習をしていた。
そして、満を持したようにもう一つの補助輪を外したのは数日前。
数日補助輪なしのバランスを確かめ、
今日数回町内の20メートルほどの道を往復しながら
足をペダルにのせるタイミングとバランスをとらえて
あっけなく、ちびっこチャリギャングの誕生となってしまった。

溝蓋のないのを気にしつつ、ハンドルをグラグラとさせながら
腰のあたりをくねくねとバランスをとって漕いで行く後姿をはらはらと追いかけ、
こちらに向かって緊張と得意そうな顔で私の前で
ハ~と息をついて両足とゆるいブレーキで止まり、
いつまでも行ったり来たり自転車に乗れるようになった事の喜びを楽しむ。
「自転車乗れるようになったの嬉しい~!!」
「きょう、一番うれしい日や~!」
と何度も言葉にして、耳からもその喜びを体にも、心にも知らせている。

なんて健全な子供、幸せな魂だろう。

長女の自転車に乗れた姿を見た時も、
次女のその姿を見た時も、できた!できる!と言う彼女たちの喜びの感情を見れた
感動が、喜び。
今日は、本当にいい日だった。

広告を非表示にする